前へ
次へ

修学旅行用としてレンタル携帯がある

学生時代の楽しみの一つとして修学旅行があるでしょう。
小学校や中学校では最高学年の時に行きますし、高校の場合は2年生の時に行くことが多いかも知れません。
基本的には日本国内の観光地を巡るケースが多いですが、私立などだと海外に行くこともあるようです。
小学生などだと自由行動は少なく集団での移動が多くなります。
一方高校になると集団での観光よりも個々で移動できる時間が多く取られていて、より旅行が楽しみやすくなっています。
レンタル携帯サービスのプランとして修学旅行向けがあり、主に高校などにおいて学校側が利用するようです。
どんなシーンにおいて使われるのかが気になるかもしれません。
おそらく教師であればそれぞれが自分のスマホなどを持っているでしょうし、生徒の中にも全員ではないものの持っている人はいるはずです。
それでもあえてレンタル携帯を利用するのにはいろいろな理由があります。
基本的には生徒個人のスマホは持たせない学校が多く、生徒に利用させるためのレンタル携帯になりそうです。
高校生ぐらいになるとそれなりに自己管理もできますし時間管理などもできるようになります。
ただいろいろな事情で集合時間に集まれないときがあり、その時の連絡用のためにレンタル携帯が活用されます。
スマホの機能としてGPSによる位置確認の仕組みがあり、連絡をしても相手が出ないとしても電源が入っていればどこにいるかがわかります。
そのほか緊急で連絡をしたいときにはレンタル携帯を通じて一斉送信することができます。
では生徒全員にレンタル携帯を渡すかですがそれは学校によって異なります。
通常は自由行動の時にも一定のグループで動くことが多く、それぞれのグループごとに一台ずつ利用させることが多いです。
一クラス40人ぐらいであれば5人ぐらいのグループなので8台あればそれぞれの管理が行えます。
グループの長となる人に渡しておき、教師とグループ長でコミュニケーションができるようにしておきます。

Page Top